q1

 

a

 

病院は病気を治療するところで、

病気以外の事を積極的に教えてくれるところはまずないと思います。
もちろん、「障害年金の事について教えて下さい。」とこちらから聞けば理解している範囲で教えてくれますが、「あなたは障害年金を貰う事が可能な病気ですよ。」などとは教えてくれません。
親切な医師の中には、患者に『障害年金を申請してはどうですか?』などと言ってくれる先生がいるようです。

 

q2

 

a

 

障害年金の受給できるかどうかは、障害厚生年金も障害基礎年金も東京の事務センターで裁定が行われるようになりました。。
私には障害年金を裁定する権限はないのですが、障害年金の裁定に不服があるばあいは、決定を知った日から3ヶ月以内に社会保険審査官に審査請求をすることができます。
また審査請求の裁定に不服がある場合には決定を知った日から2カ月以内に社会保険審査会に再審査請求をすることができますし、直接行政不服訴訟法による裁判所に異議申し立てをすることもできます。
なお、再審査請求後も行政不服訴訟法による裁判所への異議申し立てもできます。
また審査請求があった日から2月以内に審査請求についての決定がない場合には、審査請求を棄却する決定があったものとみなした、社会保険審査会への再審査請求又は行政訴訟の提起を行う事ができます。
勿論請求者との信頼関係がなければそこまで行う事ができませんが、出来るだけご本人の意思に沿って受給出来るまでお手伝いしたいと思っています。