50代男性
  • 氏名:K.T様
  • 事例:労災の申請とともにどうすればいいのかわからなかった
  • 病名:脳出血
  • 認定結果:障害等級1級
  • その他:障害厚生年金、労災申請(1級)

ご相談内容

職場で倒れられていたご主人を帰りが遅いので奥さまが見つけられました。

残業が多く過労が原因であることを会社も認めてくれて労災の申請のご相談にも応じました。

見解・結果(ポイント)

自宅でも車いすが必要で、高次脳機能障害もあり1級として裁定されるはずであると判断しご家族に説明しました。

労災も障害年金の症状固定を待って判断され、1級に認定されました。

 

point-title2

障害年金のプロということで安心してお任せしました。

ブログを見て『今日1日どれだけありがとうと言える事に出会えるか・・・。』という言葉で「この人だ!!」と思いました。

障害年金2級だと思っていたのが、1級になれたのは先生が主治医にどのように書けばいいのか要点を押さえてくださったからだと思います。

 

men40
  • 氏名:K.H様
  • 事例:急に退職を余儀なくされてどうすれば良いのか困っていた
  • 病名:うつ病
  • 認定結果:障害等級3級
  • その他:障害厚生年金

ご相談内容

職場でうつ病を発病し、急に退職せざるを得ない状況になり仕事探しも始めなければならず障害年金の申請まで手が回らなかった。

 

見解・結果(ポイント)

・障害等級3級の障害厚生年金を受給しながらご家族に支えられながら経済的な負担も少し無くなり、病状も安定してきた。

・主治医が障害年金にあまり理解がなかったのですが、ご家族の現状をご本人とご家族と交えて主治医に訴えました。

 

point-title2

事務所が私の自宅から遠いのに依頼後すぐに直接会いにきてくださってとても嬉しかった。

 

60代男性
  • 氏名:Y.H様
  • 事例:初診日の特定ができなかった
  • 病名:慢性腎不全(人工透析中)
  • 認定結果:障害等級2級
  • その他:20歳前障害基礎年金

ご相談内容

中学生の頃から腎臓が悪く、初診日の特定ができませんでした。
自分で申請してみましたが、わからないことが多く初診日の特定には至りませんでした。
その後も年金の手続きに何度か足を運びましたが、全てうまくいきませんでした。
年金は老齢基礎年金のみでわずかな額しかなく生活が大変でした。

 

見解・結果(ポイント)

・腎疾患は10年~20年かけてゆっくりと進行し、最終的に慢性腎不全に移行するケースでY.H様のように長期に渡り闘病されている方が多くおられます。

・障害年金の請求は初診日が確認できないと請求できませんので、健康診断などの記録を保管しておくのも大切な事です。

・Y.H様の場合、最も長く受診しておられた病院の受診状況等証明書により20歳前の障害基礎年金である事の確認が取れました。

・さらに初診日に関する第三者からの申立書によって中学校から腎臓が悪かった事を証明してもらいました。

この2つの観点から申請し、障害等級2級と認定され、20歳前の障害基礎年金が受給できるようになりました。

 

point-title2

年金の手続きに何回も足を運んだがダメでした。自分で申請するのは限界だと感じていました。
正直に言うと先生に頼んでもたぶん無理だろうと思っていましたが、障害年金が認められて本当に良かったです。

 

women40
  • 氏名:T.A様
  • 事例:一度不支給になった方からのご相談
  • 病名:知的障害(精神遅滞)
  • 認定結果:障害等級2級
  • その他:20歳前障害基礎年金

ご相談内容

一度障害年金を申請したが、不支給結果に終わった。
就職先も見つからずこのままでは将来の生活資金が親の亡き後を考えると不安だった。

 

見解・結果(ポイント)

・療育手帳がB2判定の方なので軽度の知的障害の方でしたが、実際にはなかなか就職が決まらず、人とのコミュニケーションがうまくいかず引きこもりがちでした。

・労働による収入を得られない状態で、今後も労働能力は見込めず日常生活能力もコミュニケーション能力が低いという部分を別の医師に評価してもらい、2級の20歳前障害基礎年金を受給できるようになりました。

 

point-title2

・前回障害年金が不支給だったので、療育手帳がB2では貰えないのかもという不安がありました。

・素早くご連絡を頂いて的確なご指示をいただきました。

 

50代女性
  • 氏名:Y.H様
  • 事例:ガンで年金が貰えると知らなかった
  • 病名:大腸ガン
  • 認定結果:障害等級2級
  • その他:障害厚生年金

ご相談内容

ガンで年金が貰えると知った後、区役所へ相談に行きましたが「手足に欠損が無いので無理だ」と言われました。
また、担当医(消化器外科)からも「今までに障害年金の診断書を書いたことがないので全くわからない」と言われて、どうして良いかわかりませんでした。
本で“障害年金の手続きで困ったら社労士に相談を”と書いてあったので専門に担当している安藤先生に相談しました。

 

見解・結果(ポイント)

まずは医師に診断書の書き方を指導。
その診断書やY.H様のお話をお伺いしてガンの認定基準を満たしているとわかったので申請しました。
障害等級2級となり、障害厚生年金が貰えるようになりました。

 

point-title2

・先生は私の疑問にすべて答えてくれました。

・これで経済的な負担も軽減され、治療に専念できるようになりました。

 

20代男性
  • 氏名:●●様
  • 事例:初診日の特定ができなかった
  • 病名:統合失調症
  • 認定結果:障害等級2級
  • その他:20歳前障害基礎年金

ご相談内容

年金を貰えるか相談した時に一度「無理だ」と言われていました。
また、初診日が特定できておらず、申請が難しい状況でした。
大学受験のプレッシャーから精神的に不安定になり、胃腸障害を起こしホームドクターから神経性のものであるとして近所の病院の神経科の受診を紹介された。

 

見解・結果(ポイント)

2番目に受診した病院の調剤薬局から貰った薬の処方箋が残っており、その年月日以前に受診していることが証明され、さらにホームドクターとは父親の会社ぐるみの付き合いだったので、主治医の記憶から初診日に関する第三者の申立書を医師に書いてもらい受験時代に受診していることが証明されました。

 

point-title2

・一度却下されていたので先生に頼んでも認定されるか不安でした。

・安藤先生は書類集めのために病院の先生や関係者の所へ同行していただいて安心しました。受給が決定しました事に感謝しています。

 

50代男性
  • 氏名:K.M様
  • 事例:18歳時の交通事故が原因で50歳代に高次脳機能障害になった男性
  • 病名:高次脳機能障害
  • 認定結果:障害等級2級
  • その他:20歳前障害基礎年金

ご相談内容

高校を卒業され車が好きで自動車修理を学ぶ学校に通学しておられた時に車同士での交通事故に遭われ、加齢とともに高次脳機能障害のために仕事が出来なくなった男性のご相談でした。

 

見解・結果(ポイント)

当時の自動車修理学校からK.M様の在籍証明書と結局事故の後遺症で途中退学されたので、事故に遭った年月日を学校で証明してもらいました。さらにお母様のお友達に初診日に関する第三者の申立書を書いてもらいました。結果障害等級2級の20歳前障害基礎年金が受給できるようになりました。

 

point-title2

何より安藤先生が優しく何を話しても受け止めてくださいました。私たち障がい者や物忘れの多い高齢者にも詳しく教えてくださいました。障害年金が貰えるようになって本当に良かったです。

 

50代男性
  • 氏名:N.T様
  • 事例:脳梗塞で職を失った男性
  • 病名:脳梗塞
  • 認定結果:障害等級3級
  • その他:障害厚生年金

ご相談内容

病気(脳梗塞)が原因で調理師として立ったままの仕事が出来ないでおられ、これから将来どうしようか考えておられた男性からのご相談です。

 

見解・結果(ポイント)

障害等級3級の障害厚生年金を受給されるようになり、同時に障害者手帳も取得され、職業訓練を受けるようになっておられました。

 

point-title2

元々この制度自体知らなかった事なので、病気以降職も失いました。自分にとってとても役立つ事を教えてもらい、手助けしてもらって感謝しています。

 

women40
  • 氏名:M.K様
  • 事例:申請したが不支給になった女性
  • 病名:うつ病
  • 認定結果:障害等級2級
  • その他:障害厚生年金

ご相談内容

ご主人が遡級手続きを行われたのですが、不支給結果になりご相談に来られた女性のお話です。

 

見解・結果(ポイント)

障害等級2級の障害基礎年金を事後重症で受給されるようになりました。

 

point-title2

自分では手続きをすることが病気のため困難で、しかも障害年金の制度自体を良く理解していないので、手続きの手順なども良く分からず不安でした。
安藤先生はフットワーク良く進めてくださり、またわかりやすい言葉で教えていただきました。一度不支給決定になった診断書を書いていただいた主治医の先生にも会っていただきポイントを的確にお話ししていただきました。いろいろとお世話になりました。また悩んでいる方がおられたら是非紹介させていただきたいと思っています、ありがとうございました。

 

50代男性
  • 氏名:N.T様
  • 事例:年金事務所で無理と言われ請求出来ずにいた糖尿病の男性
  • 病名:糖尿病
  • 認定結果:障害等級2級
  • その他:障害厚生年金

ご相談内容

お兄様が何度も年金事務所に足を運ばれたのですが、納付期間が多くあったために全く相談にも乗ってもらえなかった糖尿病の男性のお話です。

 

見解・結果(ポイント)

最初の診療所が閉院になっていたのですが、2番目の病院及び3番目以降の病院の受診状況等証明書や障害者手帳を取得するときに書いてもらった診断書の内容から初診日がある程度特定出来るようになりました。その結果障害等級2級の障害厚生年金を事後重症で受給できるようになりました。

 

point-title2

元々年金事務所では年金保険料の加入期間が不足しているからと言って全く相手にしてもらえませんでした。そのため、安藤先生にお願いした段階ではダメ元だったので不安はありませんでした。安藤先生も変に大きな期待を持たせずに手続きを進めていただきました。
途中経過や追加のヒアリングも充分に説明していただき終始安心ができました。本件同様に悩んでおられる方は多くいらっしゃると思います。まずご相談される方が一人でも増えられる事を望みます。本当にありがとうございました。

 

50代女性
  • 氏名:M.S様
  • 事例:肺がんで年金が貰えると知らなかった女性
  • 病名:肺がん
  • 認定結果:障害等級3級
  • その他:障害厚生年金

ご相談内容

肺がんで障害年金が貰えることを知らなかった。主治医にも障害年金の事をきちんと説明してほしいとのご相談でした。

 

見解・結果(ポイント)

ご相談に来られた時、ご本人はまだ仕事を続けておられました。しかしお伺いすると主治医からはそろそろ治療に専念したほうが良いと言われたそうです。仕事を辞めざるを得なくなればたちまち生活していくことが大変になってきます。傷病手当金は既に貰われた後だったので障害年金の申請をお勧めしました。結果障害等級3級の障害厚生年金が受給できるようになりました。

 

point-title2

わかりやすく説明していただき、素早く対応して主治医の先生にも2度にわたり書き方を説明していただきました。最後まできちんと説明していただいたので安心してお任せすることができました。

 

50代女性
  • 氏名:Y.N様
  • 事例:知的障害で不支給になった女性
  • 病名:知的障害(精神遅滞)
  • 認定結果:障害等級2級
  • その他:障害厚生年金

ご相談内容

一度請求して不支給になった女性がご相談に来られました。

 

見解・結果(ポイント)

知的障害と発達障害もあり、結婚して子供もおられるのですが、主治医の先生からは、「本当はあなたならば何でもやろうとすれば出来る人だから」と言われ、却ってその言葉に負担を感じていた。そこで思い切って主治医の先生を換えて別の病院を受診することにしました。結果その医師に診断書を作成していただき、障害等級2級の障害基礎年金が受給できるようになりました。

 

point-title2

初めてご相談に行った時は親身になって話を聞いてくれました。良い主治医にも巡り合えて安藤先生にご依頼して大変良かったと思います。また何かあるときは相談したいと思いますので、その時はよろしくお願いします。