障害年金でお悩みの方は大阪市東淀川区の安藤克之社労士事務所までご相談下さい!

安藤克之社労士事務所所在地
障害年金について
  • 支給要件はこちら
  • 保険料納付要件はこちら
  • 20歳前障害はこちら
  • 障害厚生年金はこちら
  • 初診日についてはこちら
  • 遡及手続きはこちら
  • 症状固定はこちら

 

支給要件

障害基礎年金は、次の1から3の要件を満たしたときに支給される。

1.初診日において次の(a)または(b)のいずれかに該当したこと。
(a)被保険者であること。(20歳以上60歳未満)
(b)被保険者であった者であって、日本国内に住所を有し、かつ60歳以上65歳未満であること。


2.障害認定日において、その傷病により障害等級1級又は2級(障害厚生年金の場合3級まで)に該当する状態にあること。

*障害認定日とは、初診日から起算して1年6月を経過した日(その期間内にその傷病が治った場合においては、
その治った日(その症状が固定し治療の効果が期待できない状態に至った日を含む))

3.初診日の前日における保険料納付要件をみたしていること。

保険料

 

その1
初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までに被保険者期間(原則20歳から60歳までの期間)
があるときは、 当該被保険者期間に係る保険料納付済期間と保険料免除期間を合算した期間が
当該被被保険者期間の3分の2以上あることが必要とされる。

その2
初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までに被保険者期間(原則20歳から60歳までの期間)
があるときは、 当該被保険者期間に係る保険料納付済期間と保険料免除期間を合算した期間が
当該被被保険者期間の3分の2以上あることが必要とされる。

20歳前保険料

 

初診日において20歳未満であった人が、次の1または2のいずれかの日において、障害等級
1級または2級に該当する程度の障害状態にあるときは、その人に障害基礎年金が支給されます。

■障害認定日以後に20歳に達した時は20歳に達した日。
■障害認定日が20歳に達した日後であるときはその障害認定日。
*初診日において20歳未満であった人が、その初診日において厚生年金被保険者期間であった場合、20歳前の
障害厚生年金が支給 されます

shougainenkin-title

障害基礎年金は、
障害等級1級 77万9300円×1.25
 
障害等級2級 77万9300円
 障害基礎年金には子の加算があり、2人目までは224,300円、3人目からは74,800円支給されます。

障害等級1級
(平均標準報酬月額×7.125/1,000×(平成15年3月までの加入月数)+平均標準報酬月額×5.481/1,000×被保険者の月数(平成15年4月以後の加入月数)(加入月数の合計が300に満たないときは300月とする))
×1.25+配偶者加給年金額(224,300円)。
障害等級1級の障害厚生年金は障害基礎年金1級(77万9,300円×1.25+子の加算)も同時に貰えます。)

障害等級2級
平均標準報酬月額×7.125/1,000×(平成15年3月までの加入月数+平均標準報酬月額×5.481/1,000×被保険者の月数(平成15年4月以後の加入月数)(加入月数の合計が300に満たないときは300月とする)+配偶者加給年金額(224,300円)
(障害等級2級の障害厚生年金は障害基礎年金2級(77万9,300円+子の加算)も同時に貰えます。)

障害等級3級
平均標準報酬月額×5.481/1,000×被保険者の月数(300に満たないときは300月とする)。
(3級の最低限度保障額は58万4,500円貰えます。)

障害厚生年金の支給要件も障害基礎年金と同じでかつ、初診日が厚生年金保険保険の被保険者期間(厚生年金保険に加入していた会社に勤務していたこと)である事が必要です。

障害厚生年金

 

初診日とは、障害の原因となった傷病について、初めて医師または歯科医師(以下医師等)
の診療を受けた日をいい、具体的には次のような場合が初診日とされている。

●初めて診療を受けた日(治療行為または療養に関する指示があった日)。
●同一傷病で転医があった場合は、一番初めに医師等の診療を受けた日。
●同一傷病で傷病が治癒し再度発症している場合は、再度発症し医師の診療を受けた日。
●健康診断により異常が発見され、療養に関する指示を受けた場合は、健康診断日。
●誤診の場合は正確な傷病が確定した日ではなく、誤診をした医師等の診療を受けた日。
●じん肺(じん肺結核を含む)については、じん肺と診断された日。
●障害の原因となった傷病の前に、相当因果関係があると認められる日
 

障害厚生年金

 

障害認定日から1年またはそれ以上経過してから請求が行われることを及手続きといいます。
この場合には、障害認定日の現症を記載した診断書の他に、請求時の現症を記載した診断書が
必要となります。
また、障害認定日から請求時 までの間に障害の程度が憎悪または軽快したことがある場合など、
裁定時において障害の程度を審査した結果他の診断書が必要となることもあ ります。過去の現
症に係る診断書は、診断記録に基づいて記載されるべきものであり、記憶や憶測に基づいて記
載された診断書は適正なものと はみなされません。

年金の給付は最大5年間にさかのぼって手続きを行う事が出来ます。

 

 

 

障害厚生年金

 

外部障害の症状固定
症状が安定するか長期にわたってその軽快が期待できないとき(憎悪の傾向にあるときを含む。
これを「不可逆性」といいます)
または傷病にかかわりなく障害の状態が固定したときをいいます。

(例)
人工骨頭、又は人工関節を挿入置換した日。
脳血管障害等で医師が症状固定とした日(但し6ヶ月以内は症状固定とはみなされません)。

内部障害の症状固定
機能の障害であって、その症状が安定するか長期にわたってその軽快が期待できないとき(憎
悪の傾向にあるときを含む)またはそれが将来とも回復する可能性のない場合をいいます。

(例)
・人工透析療法を行っている場合は透析を受け始めてから3か月を経過した日。
・心臓ペースメーカー(植え込み型除細動器(ICD)を含むまたは人工弁の装着をした日。
・人工肛門または新膀胱の増設、尿路変更の手術を行った場合は装着をした日。
・咽頭全摘出の場合は、全摘出をした日。
・在宅酸素療法を行っていいる場合は、在宅酸素を開始した日。

Back to Top